ごあいさつ

みなさま、こんにちは。
私が政治にかかわってから14年が経ちました。
その間にも社会の様子は大きく変わりました。
国内では子どもの貧困が増え格差は拡大しており、国際情勢は刻々と変化し続けています。
今、子どもたちは明るく元気に学校に通っているでしょうか。
働く人たちは、不安なく生き生きと仕事をされているでしょうか。
高齢者は介護や年金に支えられた生活ができているでしょうか。
日々の生活や仕事にこそ政治の原点があります。
弱い立場の人たちのためにこそ政治の役割があります。
私はそのことを肝に銘じて、人と人とが支え合う社会の実現にとりくんでまいります。
どうかこれからもご支援をお願いいたします。

プロフィール

  • 1956年6月、兵庫県豊岡市に生まれる。62歳
  • 4年生の9月まで竹野小学校に通い、豊岡市で豊岡小学校、豊岡南中学校、豊岡高校生活を送り、奈良教育大学卒業後1980年4月、三木市で教職につく
  • 三木市志染中、星陽中学校に勤務。兵教組三美支部で組合活動に参加。その後、海外の日本人学校を希望しインド・ニューデリー日本人学校に
  • 1989年度三木市星陽中学校に戻る
  • 1990年度兵教組東播地区専従役員
  • 1992年度兵教組本部執行委員
  • 1995年度兵庫県学校厚生会(次長)
  • 2000年度兵庫教育文化研究所事務局長
  • 1995年度2002年度 兵教組本部書記次長
  • 2004年度兵庫教育文化研究所副所長 民主党兵庫県連政治改革推進委員長 第20回参議院議員選挙(兵庫県選挙区)に初挑戦、910,114票の得票でトップ当選
  • 2010年度第22回参議院議員選挙(兵庫県選挙区)にて515,541票の得票で当選(2期目)
  • 2011年9月~2012年10月野田内閣にて、内閣総理大臣補佐官を務める
  • 2013年10月~12月、2014年1月~9月参議院内閣委員長を務める
  • 2018年日教組専門委員(教育政策室長)
  • 日教組第107回臨時大会にて次期参議院議員選挙組織内比例代表候補予定者として推薦決定