活動報告

HOME > 活動報告

写真と共にみずおかの活動の様子を紹介
(写真クリックで拡大写真表示します)

神姫バス労働組合定期大会(姫路市教育会館)

2013.09.30(月)

能勢電鉄労組定期大会は秘書が出席。

神姫バス労働組合定期大会へ民主党兵庫県連代表として出席。情勢厳しい中、公共交通の安全にご尽力くださりありがとうございます。国政の交通政策実現に向け共に頑張って参ります。

基幹労連兵庫県支部結成10周年記念祝賀会(舞子ビラ)

2013.09.29(日)

関電労組三田支部定時大会、JP労組神戸西部支部定期支部大会(須磨パティオ健康館)は秘書が出席。

基幹労連兵庫県支部結成10周年記念祝賀会に民主党兵庫県連代表として出席しました。益々のご発展を祈念いたします。

但馬地区対話集会(但馬空港-多目的ホール)

2013.09.28(土)

対話集会準備に協力いただいたみなさんです。ありがとうございました。準備前に記念撮影。

但馬地区対話集会(但馬空港-多目的ホール)

2013.09.28(土)

但馬地区対話集会を開催。
連合但馬、兵教組但馬地域の支部、立正佼成会等各種団体の皆様のお協力により、220名の集会となりました。
闊達な対話集会となり、参加いただいた皆様に感謝です。今後も対話をもって意見交換し、国政に生かしていきたいと思います。

集会終了後、関電労組豊岡支部定時大会(豊岡市立市民会館)へ。

自治労兵庫県本部定期大会(舞子ビラ)

2013.09.27(金)

自治労兵庫県本部定期大会へ出席。
秘書は、水道神戸市水道労働組合定期大会(たちばな職員研修センター)へ。

夕刻、豊岡へ。
兵教組豊岡支部執行委員と親睦会。明日の対話集会へのご協力のお願いと膝を突き合わせての懇談。

連合兵庫・地協合同政策研究集会(ANAクラウンプラザホテル)

2013.09.21(土)

運輸労連兵庫県連合会定期大会に出席。
午後から連合兵庫・地協合同政策研究集会(ANAクラウンプラザホテル)へ国政報告・情勢報告をさせていただきました。その後、懇親会へ。数々のご配慮ありがとうございました。

大関労働組合定期大会(西宮市民会館)

2013.09.14(土)

大関労働組合定期大会へ。冒頭挨拶し、退席。姫路へ。
JR西労組姫路支部定期大会(まねき会館)に遅れて出席。
夕刻から、電機連合兵庫地方協議会定期大会・懇親会(ラッセ)に出席。
大関労組、JR西労組姫路支部にはご無理をお願いし、出席させていただきましたこと感謝申し上げます。

その後、上京しました。

連合揖龍役員・推薦議員合同懇談会(志んぐ荘)

2013.09.13(金)

夕刻、東京より姫路へ。
秘書と合流し、志んぐ荘へ向かい連合揖龍役員・推薦議員合同懇談会に出席。
国政状況をお伝えしました。

関西電力労組兵庫地区本部定時大会(神戸市勤労会館)

2013.09.12(木)

早朝東京より神戸へ。
関西電力労組兵庫地区本部定時大会に出席。
退席後、上京。

NTT労働組合関西総支部兵庫分会定期(結成)大会 (エスタシオン・デ神戸)

2013.09.11(水)

新しい組織形態での第一歩。新たな思いで共に頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

大会退席後、上京しました。

神戸市長選挙選対立ち上げ(センタープラザ西館6階)

2013.09.09(月)

神戸市長選挙選対打ち合わせ、神戸市長選挙選対立ち上げに出席。選対委員長として全力で取り組みます。

JP労組淡路支部定期支部大会レセプション(淡路島かんぽセンター)

2013.09.08(日)

10:00甲南土建労組定期大会(神戸市勤労会館)、12:30JP労組淡路支部定期支部大会レセプション(淡路島かんぽセンター)へ。

その後、神戸へ戻り、若者と政治を考えるフォーラム(ラッセ)に参加。
「未来への責任を果たす政治における民主党の存在意義」 講師:枝野幸男議員
「歴史に学び、未来を見つめる」 講師:藤井裕久議員
を拝聴しました。

JR西労組神戸支部定期大会(明石市立勤労福祉会館)

2013.09.07(土)

午前中、JR西労組神戸支部定期大会へ。
公共交通の安全への取り組みに感謝いたします。


午後から、県連の会議へ。

神戸電鉄労働組合組合委員会懇親会(有馬ビューホテル)

2013.09.05(木)

秘書が出席。
国政交通政策の窓口として共に取り組んでいきます。
神戸電鉄労組の益々の発展を祈念いたします。

神戸市北区誕生40周年記念式典(すずらんホール)

2013.09.01(日)

秘書が出席。
50周年に向け益々の発展を祈念いたします。

久元きぞう後援会連合会分室 事務所開き(神戸市中央区)

2013.09.01(日)

雨降る中、大勢の支援者が集まり熱気を感じました。
共に頑張りましょう。

TOP