活動報告

HOME > 活動報告

写真と共にみずおかの活動の様子を紹介
(写真クリックで拡大写真表示します)

ひとつひとつ乗り越えていく(On-Line No.17号掲載)

2011.12.25(日)

 野田内閣発足後、初めての本格的な国会が12月 9日まで51日間開かれました。主なテーマの内、震災復興を目指す第3次補正予算と関連法案は成立しましたが、郵政改革法案や国家公務員給与臨特法案については、廃案を免れ継続審議とすることに留まりました。

 東日本大震災の早期復興にむけ、3次補正予算と関連法案を成立させる過程において、野田内閣の積極的な姿勢は明確だったと思いますが、実際のところ国会審議の報道を見聞きしている国民のみなさんには、その実感は沸きにくかったのではないでしょうか。

 誹謗中傷にあけくれる野党からの攻撃により、国会審議そのもののレベルをおとしめられた国会は、国民に共感と示唆を与える機関ではなくなってしまった感さえあります。

 国民の声にどのように応えていくのか、どのような国家・国民の未来像を描くのか、真剣に考えていくべきです。与野党を越えての協力体制を構築していく必要があると考えます。

 この国会ではさまざまな国際会議が開催される時期にあたることから、総理は毎週のように海外に出かけることになりました。11月には、第1週にフランス・カンヌ、第2週に米国・ハワイ、第3週にはインドネシア・バリに総理が出かけるという強行スケジュールの中、私もインドネシアへ総理に随行し、「ASEAN(東南アジア諸国連合)」と関係諸国との国際会議に出席してきました。日本が政治・経済・教育・医療などにおいて、まさに東アジアの中心的な役割を果たすことが求められ、それを実現する責任と力量をアピールする野田政権の大きな舞台でした。

 2012年は、TPPをはじめとする国際的な土俵でのたたかい、国内的には東日本の復興や社会保障と税の一体改革など、たいへんな課題が山積みとなる中でのスタートとなります。「ひとつひとつ乗り越えていく」と宣言する野田佳彦総理を先頭に、仲間とがんばります。応援をよろしくお願いします。

内閣総理大臣補佐官 参議院議員 水岡俊一

参議院・日曜日の見学に参加

2011.12.18(日)

 参議院では、国会閉会後の第1・第3日曜日、参議院議員の紹介により国会見学をすることができます。日曜日の見学では、通常のコースに加え、本会議場内を見学することができます。これが魅力!

 水岡のテニス仲間や高校の同級生、さらに神戸市から上京の機会にと参加された高校生やインド・ニューデリー時代に一緒だった仲間やその家族など総勢26名で見学しました。

 案内役の参議院職員(衛視さん)のとても丁寧な説明にみなさん聞き入っていました。参加者からの質問には水岡が答える場面もあり、楽しく賑やかに日曜見学を過ごしました。(写真は集合場所の見学受付前にて)

みずおか俊一はげます会「女性の会」(ラッセ)

2011.12.10(土)

インドネシア・バリで行われたASEANと関連諸国との国際会議へ首相に同行出席した際のエピソードもまじえ国会報告した。和やかな雰囲気の中にも闊達な質問、意見交換がされました。

連合兵庫もちつきフェア(ポートアイランド・CATパーク)

2011.12.10(土)

年末恒例の連合兵庫「第22回もちつきフェア」に参加。連合組合員・家族を中心に約5000人が集い、3月11日に発生した「東日本大震災」の復興支援に伴い、被災県の物産販売テントを設けるなど『がんばろう日本』をスローガンにして開催されました。

連合揖龍第19回総会(揖龍教育会館)

2011.12.04(日)

東京から新幹線で13時姫路駅着。揖龍教育会館へ。
総会では11月17日から総理と同行したILOアジア太平洋地域会議(ASEAN+α)のことと世界情勢とを関連付けた話を交え挨拶しました。

TOP