活動報告

HOME > 活動報告

写真と共にみずおかの活動の様子を紹介
(写真クリックで拡大写真表示します)

自治労県本部定期大会

2011.09.27(火)

 労組大会のシーズンです。臨時国会のためご案内いただいてもなかなか出席がかないません。
この日は、何とか戻ることができ、自治労県本部定期大会に出席ができましたが、挨拶後直ちに国会へ戻りました。

県立豊岡高校の同窓会「達徳会」総会に出席

2011.09.25(日)

 水岡の母校である県立豊岡高校の同窓会「達徳会」総会に出席しました。
会場前で伊賀央市議、梶原康弘事務所の山崎さんと一緒に写真をとりました。会場内で両親とも出会ったそうです。祖父から3代続く「達徳会」会員です。(豊岡市)

内閣総理大臣補佐官に就任

2011.09.05(月)

 『ドジョウが金魚の真似をしてもしょうがねぇじゃん』という言葉を引用して、「泥臭く国民のために汗をかいて働いて政治を前進させる」と民主党代表選挙で語った野田佳彦衆議院議員の言葉は、多くの仲間の胸をうちました。彼の愚直な性格や誠実さに裏付けされた政治手腕に期待がかかり、彼は民主党新代表に当選しました。

 そして野田内閣が9月2日正式に発足しました。第95代の内閣総理大臣となった野田佳彦さんは、多くの国民の期待を背に受けてスタートを切りましたが、政権交代後三人目の総理として民主党政権の土壇場で勝負することになります。

 新政権のスタートのポイントは、輿石東参議院議員を党の幹事長に抜擢したことです。輿石東さんは、『ぶれない、逃げない』をモットーにこれまで民主党執行部を支えてきた大先輩で党内の信望が厚く、その幹事長采配により党が一丸となってこの国年を乗り切る体制をつくることができたと思います。

 新内閣において、私は「内閣総理大臣補佐官」の命を受け、5日から総理官邸で仕事を始めています。補佐官は衆議院議員の4人と参議院議員の私を含めて計5人。私は「政治主導による政策運営及び国会対策を担当させる」との辞令を受け、主に参議院の国会対策に関係した業務を行います。『ねじれ』(与野党が逆転)の参議院は、国政に大きな影響を与えるので、その参議院と官邸とのパイプ役は非常に重要な任務です。これまでの国会対策委員長代理や議院運営委員会理事の経験を生かして、頑張る決意です。

 兵庫県連の仲間では、厚生労働副大臣に辻泰弘さん、外務副大臣に山口壯さん、国土交通大臣政務官に室井邦彦さんが就任されました。共に野田新政権の一員として力いっぱい働いてまいります。
 参議院議員 水岡 俊一

TOP