活動報告

HOME > 活動報告

写真と共にみずおかの活動の様子を紹介
(写真クリックで拡大写真表示します)

文教科学委員会 質問

2010.03.25(木)

文教科学委員会 実質高校無償化法案の審議で質問に立ちました。

国家戦略室の神戸市視察

2010.03.21(日)

 総理直属機関として内閣官房に設置されている国家戦略室の仙谷良人大臣、古川元久副大臣、津村啓介政務官が、医療産業都市構想を進める神戸市を視察。党本部からの指示もあり、水岡も井戸まさえ衆議院議員と共に参加しました。
 先端医療研修者との意見交換、関連企業のヒアリングのあと、震災からの復興に取り組んできたNPOの皆さんとも懇談しました。(先端医療センター他)

近畿地方郵便局長会通常総会

2010.03.20(土)

 近畿地方郵便局長会通常総会に民主党兵庫県連を代表して、あいさつの水岡。(ホテル阪急エキスポパーク)

新卒者への就職支援、子ども手当の意義質す

2010.03.18(木)

 水岡俊一議員は、18日午前に開かれた参院予算委員会での社会保障・雇用等の集中審議で質問に立ち、高校・大学の新卒者への就職支援、貧困・格差対策、子ども手当の意義を改めて質した。

 冒頭、水岡議員は、第二の就職氷河期と言われている現状を指摘し、若者に応援のメッセージを鳩山由紀夫総理(代表)に求め、長妻昭厚生労働大臣に支援策の説明を求めた。

 鳩山総理は、4月に就職しなければならないということではない、もっと柔軟な社会をつくることを新政権として努力したいと答えた。

 長妻大臣は、ハローワークに新卒者の就職支援専用職員としてジョブサポーターを置き、学校と企業の間の訪問を繰り返してマッチングに努めることや、新卒者採用企業への雇用補助を行っていることを説明した。

 また、水岡議員は、子ども手当を支給することによって、長時間労働でなくても、ある程度の生活水準を維持することが可能になること、働き方を変えることになることを示し、このことでも子育てを支援できるのではと、見解を求めた。

 鳩山総理は「その通り」と答え、参院でも早く子ども手当法案を可決してほしいとした。

※民主党ホームページより抜粋

兵教組定期大会

2010.03.09(火)

 参議院文教科学委員会の理事懇談会を終えて、急いで兵教組定期大会に。あいさつの後、国会へととんぼがえりの水岡。(ラッセホール)

連合但馬地区春闘決起集会

2010.03.08(月)

 連合但馬地区春闘決起集会に出席。挨拶の機会をいただきました。(じばさんTAJIMA)

基幹労連県本部組織代表者会議

2010.03.06(土)

 基幹労連県本部組織代表者会議であいさつさせていただきました。

連合兵庫春闘総決起集会

2010.03.06(土)

 連合兵庫春闘総決起集会に出席しました。

連合兵庫官公部門連絡会決起集会

2010.03.06(土)

 連合兵庫官公部門連絡会決起集会に出席しました。

兵教組神崎支部定期大会

2010.03.02(火)

 兵教組神崎支部定期大会に出席しました。

兵教組揖龍支部定期総会

2010.03.02(火)

 兵教組揖龍支部定期総会に出席しました。

母校の国立奈良教育大学で講演

2010.03.01(月)

 国立奈良教育大学で”これからの教員養成を考える”シンポジウムが開かれ、その前段に「これからの教育改革」を演題に水岡が講演。
冒頭、水岡は「母校である奈教大で話をさせていただく機会を与えてもらって感謝しています。勉強熱心で”5年間”も学びました。」と自己紹介。

TOP