活動報告

HOME > 活動報告

写真と共にみずおかの活動の様子を紹介
(写真クリックで拡大写真表示します)

「教育基本法改悪阻止!10.26日教組緊急中央集会」

2006.10.26(木)

 日教組は、10月19日から国会前で座り込み行動を展開するとともに26日には、「非常事態宣言」を発し、全国で教育基本法改悪反対行動を展開しました。

 10月26日、東京の日比谷野外音楽堂で開かれた「教育基本法改悪阻止!10.26日教組緊急中央集会」には全国から教職員など8500人参加し、教育基本法「政府改正法案」の強行採決反対などを訴えました。(写真左)

 水岡は、国会前の座り込み行動の皆さんを激励するとともに、緊急中央集会に駆けつけた後、参議院の議員面会所で全国から集まった教職員の仲間の皆さんの請願を受けました。(写真右)

ピンクリボンスマイルウォーク

2006.10.21(土)

 10月21日、今年もピンクリボンスマイルウォークに参加。国体開会式で購入したキャップをかぶる水岡。(写真左:出発前のセレモニーにて)

 神戸市役所横の東遊園地発着の5kmコースを歩きました。抜けるような青空、異人館で有名な北野界隈、風見鶏の館をバックに「はい、ポーズ!」。大勢の観光客のなかに溶け込んでいました。(写真中央)

 胸に付けたゼッケンの拡大写真です。(写真右)

民主党、連合候補の応援

2006.10.15(日)

10月15日、川西市長・市議選挙が告示され、水岡も民主党、連合候補の応援に駆けつけた。
つだ加代子候補の出陣式で教職員仲間を代表して挨拶をする水岡。(写真左)
現職の柴生市長候補の出陣式にて。(写真中央)
越田候補の出陣式では民主党を代表して挨拶。(写真右)

のじぎく兵庫国体 開会式

2006.09.30(土)

 「“ありがとう”心から・ひょうごから」第61回国民体育大会、のじぎく兵庫国体の開会式がさわやかな秋晴れの下、神戸・ユニバー記念競技場で開催された。
 水岡は、地元兵庫県出身の国会議員として、国体準備委員会の顧問の一員で、役員として出席しました。
 連合兵庫北条会長とばったり。お弁当もいただいたし、しばしの間、時間調整を兼ねて、階段で会談。

劉備君と潤二君の一日 第2弾

2006.09.25(月)

 6月13日掲載の「 劉備君と潤二君の一日」の第2弾。
この日、潤二君(小6)は運動会の代休日で、劉備君(犬:19歳)に会いに来ました。可愛らしい寝姿に思わず、シャッターを切りました。 (神戸事務所)

民主党臨時党大会 小沢一郎代表を再選、政権交代へ前進

2006.09.25(月)

 民主党の臨時党大会が9月25日、東京都内で開かれ、小沢一郎代表が再選された。
 小沢新代表は、就任挨拶で「国づくりは共生の理念のもとに、公正な国にすることを目標としたい。政治とは生活である。国民が不幸な生活を送っていたのでは正しい政治とはいえない」と述べ、「10月の補欠選挙、統一地方選挙で勝ち抜き、参議院選挙で過半数を獲得し、総選挙で勝利して民主党は政権を手にする」と表明した。
 水岡も、民主党政権の実現に向けて全力で頑張ることを改めて確認した臨時党大会でした。

「国際人権法政策研究会」兵庫研究会

2006.09.23(土)

  9月23日、本岡昭次前参議院副議長が所長を務める「国際人権法政策研究会」の第3回兵庫研究会がラッセホールで開かれた。

  戸塚悦朗事務局長の「ジュネーブにおける国連人権理事会の動向」報告に続いて、水岡が、「教育基本法改正とグローバル化(国際人権規約の視点から)」の演題で講演。臨時国会での大きな焦点となるテーマだけに、熱のこもった研究会でした。

尾仲利治明石市議 活動20周年を祝う会

2006.09.16(土)

 9月16日、尾仲利治明石市議の活動20周年を祝う会が行われた。
挨拶に立った水岡は「常日頃、教員・兵政連議員の先輩として温かいご指導を、また今は民主党県連の選対委員として、厳しいけれども的確なご意見をいただいています。来春の6期目の選挙での大きな勝利を!」

 市会議員としての活動を支え続けている尾仲夫人にも出席者から大きな拍手が寄せられていました。 (サンピア明石)

決起集会、事務所開き

2006.09.10(日)

 10/22 投開票の衆院補選と川西市長・市議選を前に、それぞれ決起集会、事務所開きが行われた。
いずれも来春の統一地方選、夏の参院選への大きなステップとして重要な位置付けであり、支援者の熱い想いで盛り上がっていました。
(写真左: 9/9 川西決起集会、写真右: 9/10 大阪9区大谷信盛後援会事務所開き)

兵庫県民主党ハイタク問題議員懇談会

2006.09.09(土)

 依然として厳しい状況におかれているタクシー業界。乗り場の整備、バス・タクシー共用レーンの活用、福祉用チケットの発行など行政が取り組むべき課題も多い。ドライバーの仕事環境の向上が、乗客の安全に直結することを考え、議員団もそれぞれの立場での努力を約束。
(神戸市勤労会館)

兵庫県合同防災訓練

2006.09.03(日)

 9月3日、日差しは強いもののさわやかな秋晴れの下、兵庫県合同防災訓練が豊岡市など但馬地方で行われた。(豊岡市)

写真左: 救助犬による倒壊家屋に閉じ込められた人の救助訓練
写真中央: 各地から駆けつけた消防団による一斉放水訓練
写真右: 訓練の後、閉会式を終えて井戸知事と“お疲れ様でした”と総括会談

おかげさまで2周年!

2006.08.05(土)

 8月5日、ラッセホールの2階ホールで「水岡俊一はげます会総会」と「国会活動報告会」を開催。

 総会では、この一年間の報告と今後の会員拡大をはじめとする取り組みが大久保庄造事務局長より提案され、全員の拍手で確認された。また、本岡昭次会長をはじめ全役員が再任された。

 その後の国会活動報告会では映像を交えた議員の報告に続いて、大阪府選出の尾立源幸参議院議員による「消費者金融問題」と題した問題提起が行われた。

 参加者からは、次の機会には、多くの人が強い関心を持っている医療や年金問題などのテーマでもやって欲しいなど積極的な意見が出された。

兵教組揖龍支部青年部「民主教育・夏季交流会」

2006.08.04(金)

 兵教組揖龍支部青年部の皆さんが「民主教育・夏季交流会」で8月4日、国会見学に訪れ、日政連議員の角田義一副議長の執務室で記念撮影する水岡。

 皆さんは国会見学のほかに、普通は国会を訪れた子どもたちが、本会議と委員会の法案審議を模擬体験できる「参議院特別体験プログラム」にも挑戦。同行した水岡も「国会の審議の在り方を知るためのよい参加型プログラム」と納得していました。

国会見学

2006.08.02(水)

 8月1、2日の両日に開かれた「母と女性教職員の会全国集会」に参加した兵教組のみなさんが集会終了後に国会見学。国会開会中のエピソードを交えながら説明する水岡。

民主党NPO局・市民政策議員懇談会主催のシンポジウム「子どもが生きる地域社会を考える-子どもの居場所づくりとNPO-」

2006.08.01(火)

 8月1日、民主党NPO局・市民政策議員懇談会主催のシンポジウム「子どもが生きる地域社会を考える-子どもの居場所づくりとNPO-」が党本部ホールで開かれ、水岡はパネルディスカッションに、パネリストとして参加。

冒頭、NPO局次長として、これまでNPO局と市民政策議員懇談会が進めてきたNPO団体との意見交換会の概要を説明し、「子どもと安全」をこれからの政策課題に取り入れたいとの考えを示した。
また、水岡は、シンポジウムで「各府省が垣根を取り外して、子どもたちを育むために予算を出し、様ざまなNPO活動を支援をすることの必要性」などを訴えました。

「神戸のつどい」に参加

2006.07.25(火)

 神戸にゆかりのある方々の集まり「神戸のつどい」に参加しました。
神戸は、2月に神戸空港マリンエアが開港し、7月には神戸空港と関西空港とを海上で結ぶベイ・シャトルが就航して交流が発展しています。
 そんな中、“人々も交流を”と開かれたつどいでは、地元神戸市議会の浜本りつ子議長(写真中央)や、田路裕規議員、土居吉文議員、藤原武光議員(写真右)など多くの方々と歓談の時間を過ごしました。(キャピトル東急ホテル)

「ゆたかな教育を創造する但馬地域会議」総会で挨拶

2006.07.22(土)

 第11回を迎えた「ゆたかな教育を創造する但馬地域会議」の総会であいさつ(但馬空港多目的ホール)

朗読劇「この子たちの夏」上演会

2006.07.19(水)

 昨年夏、東京での公演を見た水岡が、“ぜひとも地元の皆さんにも見てほしい”と、仲間に働きかけ、実行委員会形式で実現した朗読劇「この子たちの夏」が7/19(水)三木市文化会館で上演されました。

 受付時間前から来られた方、「当日券ありますか?」との方、家族連れや職場仲間と連れ立って、本当に多くの方に来ていただき、成功を収めることができました。
上演後の交流会にも約200名ほどの方が参加、出演の女優さんと本当に“身近”にふれあい、有意義な時間を過ごすことができました。

 実行委員会に参加していただいた皆さんやボランティアでお手伝いいただいた方々と感動を共有しあえたこと、うれしく思っています。久しぶりにいい汗をかきました。本当にありがとうございました。
 

部落解放同盟三木市連協大会で挨拶

2006.07.09(日)

 水岡が、最初に教壇に立った三木市志染中学校近くの市立総合隣保館で開催された部落解放同盟三木市連協大会で挨拶。

TOP